いっちゃんファーム-ICCHAN FARM-

福岡県八女市黒木町で安心安全な野菜と加工品作りを行っています。

炎上を超えて〜君は後ろ前の現実にどう向き合うか〜

こんばんわ!

いっちゃんファームのいっちゃんことイチロウです。

農家が着る農作業着ってどんなもの?

いつものように朝起きて、いつものように農作業用の服に着がえる。

一見普通の行動も時としておかしな結果を生むことがある。

きっとこの記事を読んでいらっしゃる皆さんは、農家の作業服といったら写真の「作業服」を思い浮かべるでしょう。

f:id:ng532ga216:20190327183355j:plain

しかし、私の農作業用の服といえば、汚れても良い服。

ただ、これ一点に尽きます。

それこそジャージだったりカッターシャツだったり。

(そういえば、古びたカッターシャツを着ている農家は意外と多いらしいです。)

ジャージと古びたカッターシャツ

まさに今日の農作業着はジャージと古びたカッターシャツ

「(部屋とYシャツと私って曲あったなぁwww)」

朝一番に畑へ向かい、作業開始。

今日はとても暑かった。

お茶飲みながら…、

「ん?」

「待てよwww」

「あーーー」

「ちゃんしもた…(八女弁で失敗したという意味です)。」

f:id:ng532ga216:20190327184725j:plain

はい、残念…

(昔、「はい、残念!」ってツッコミが流行った気がしますが皆さんどうでしょうw)

ジャージの前後ろを逆に履いておりました。

そこで思うんです。

「(畑には私一人…、ジャージだし、バレてなくない!?)」

無・問・題

例え、黒木町に1店舗ある大手コンビニセブ○ン○イレブンでもバレなかったし、そこでばったり遭遇した農学博士にもバレなかった。

例え、遠足に行くたくさんの幼稚園生から「こんにちわ〜〜!」と元気いっぱい挨拶されてもバレなかった。

俺「無・問・題」!

まさに心はハッピー!

f:id:ng532ga216:20190327185355j:plain

ズボンを後ろ前逆に履いていても、畑に咲く菜の花はとても奇麗だし美しい。

f:id:ng532ga216:20190327185526j:plain

ズボンを後ろ前逆に履いていても、家の近所にあるこれまた見事な春の花が僕を迎えてくれる。

f:id:ng532ga216:20190327190428j:plain

昼にズボンを履き替えようとしたんですが、農作業がバタバタ…

ズボンを後ろ前逆に履いたまま、急いで昼ご飯を食べて、また畑へ出発!

ブドウの摘粒を始めることにしたんです。

手間隙がかかるブドウ栽培

f:id:ng532ga216:20190327190518j:plain

一房、一房手作業です。

ブドウの平均的な粒数は30〜35粒。ほとんどの房がこれ以上の粒数です。

専用のハサミを用いて一粒一粒落としていくんですがこれが、かなり労力と根気が必要となります。

何せ、これが数千房あるのですから。

途方もない数…。

だから、ズボンを後ろ前逆に履いたことなんて忘れるんです。

ブドウの出荷シーズンもあと数ヶ月で始まります。

皆さん、ぜひブドウ食べてくださいね。

そして、万が一、あなたがズボンを後ろ前逆に履いてしまっても大丈夫です。

気にすることはありません。

「いやいや…(気にするだろっ!)」

f:id:ng532ga216:20190327191149j:plain