いっちゃんファームとROC IA SAGAの仲間達

私たちは、「農業における意識の革命」の理念のもと、まずは農家が一歩踏み出し、農業界のすばらしさを伝えています。フードロス課題のテーマのもと商品開発を行っています。

佐賀県庁関連機関県政記者室へGo!!

こんばんは。

会社設立(7月7日創業予定)まで残り4日となりました。

皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

農家の仕事

私は、いつものように朝5時に起きて、ブドウ園に行き、ブドウの収穫を行いました。

その後、選果&出荷を12時くらいまでやって、農業に係る補助金の申請書類を取りにいったり、説明を受けたり。

返ってきて昼ご飯を食べ。

起業家の仕事

その後、「藤ざくら」のプレスリリースを作ったり。

そして、今日、佐賀県庁関連機関県政記者室へ投函してきました。

自宅から1時間10分かけて県庁に行きます。遠いけど最近、近く感じています。

佐賀県庁は立地や構造など入庁しやすい建物だなって思ってます。これとてもありがたいです><。

f:id:ng532ga216:20200703211845j:plain

プレスリリースを配布しています!

佐賀県庁の記者クラブの皆さん!

このブログを見ていらっしゃったら是非、取材に来て下さい。

逆に、私が記者さんを取材しに記者室に行ってもいいです!!

プレスリリースを配ってますのでお目通しをお願いします。

15時投函〆切で着いたのが14:55。

ぎりぎりで投函できました。

ぎりぎりですみません。

あと、私が得意とする代表電話に電話する戦略で、別の団体様にプレスリリースの送付先を聞き、送付しております。ぜひ、こちらもご連絡お願いします。

会社を起こすということ

午前は、ブドウ農家。

午後は、起業家です。

会社設立まで、残り4日になりました。

4日後、社長になるんです。

経営者になるんです。

会社を作ることは、お金を数万円、準備すれば誰でも簡単に設立できます。

定款や申請に係る書類は、必須項目を入力すれば全て自動で出してくれます。

誰でも簡単に。

でも、会社を作るということは、作る必要があるから作るんです。

起業とは、既存の経済活動に大いなる不満があるから起業するんです。

何やってんの、そんなことしてるからダメなんだ!!って、そうやって起業するんです。

あと、4日で社長になることを自覚すると、気合いが入ります。結構、事業についてシビアになったり、ドライな感覚になります。作ったはいいものの開店休業でもダメだし、以前の事業の延長でもダメ。常に新たなアイデアを実行しなければなりません。

10年で9割の企業が倒産するそうです。すばらしいコンサルタント、税理士、各種専門家がいても、現実に9割が倒産しているんです。

少なくとも僕は、あいつ頭おかしいんじゃないか?と思われる事業展開をしないと会社を潰すと思っています。

例えば、人を雇うなら、一人20万/月。2人なら40万。つまり、40万以上を稼ぎ出さないと話にならないってことです。

そう考えると、会社を起こすって結構シビアな世界です。

それでも、私は、絶対やらなきゃ農業界滅ぶよって思ったから会社を作ります。

俺も出来たんだから、あなたも出来る。

社長は誰でもなれる。

でも、事業を継続することとは一味も二味も違う。

その味を楽しみながら、進んでいきたいと思っています。

井手一郎は、どうなるだろうね。

会社起こして、社長になって、どういう人生になるんだろうか。

1年後、人を雇っているか?

5年後、上場しているか?

10年後、会社潰しているか?事業拡大しているか?

思う存分、ストレスフリーで事業を行ったらどうなるか?

我が身を以て、証明することにします。

見ていてほしい。

俺も出来たんだから、あなたも出来る。

これが後輩に贈りたい言葉です。

明日は、佐賀県よろず支援拠点の話をブログにあげます。

乞うご期待ください。