いっちゃんファーム-ICCHAN FARM-

福岡県八女市黒木町で安心安全な野菜と加工品作りを行っています。

「早くこっちにくるといい、こっち側で間違いない」と言う先人達の声

 

 農家のせがれの葛藤

昨年の11月。

 ある出来事がきっかけとなり、僕は、将来のことについて深く考えるようになった。祖父、父が残してくれた農業を本当に継ぐ必要があるのだろうか、いっそのこと何もかも全部売り、農業を辞め、勤め人で生きた方が良いのではないか。しかし、これだけの畑を揃えてくれた祖父、祖母、そして、父に申し訳ない。

どうしようか。

僕はそんなことばかりを考えていた。

考えすぎていた。

農家のせがれといわれる人達は遅かれ早かれ、この葛藤を経験しているだろう。僕は、この葛藤をひたすら考えていた。

結果、僕は、答えが出るはずもなく、流れに身を任せるように農業を引き継ぐ選択をした。

加工品開発へ舵をとる僕

この“流れに身を任せる”がクセモノで、これには親が敷いたレールの上を歩かされるという意味も含まれているのだ。親への反発なのだろうか、僕は敷かれたレールには乗りたくなかった。

ではどうしたか?農業の中で新たな分野、領域を模索し始めた。

それが以前から興味を持っていた加工品開発だった。

この一連の行動や気持ちの変化は、“農業の可能性”を“自分自身で確認”するためでもあった。

ここでいう“確認”とは“行動すること”、つまり、自分でまず加工品を作ってみる。販売してみる。一つ一つ「○○してみる」を積み重ねることになる。

そしてそれは、自分の前に立ちはだかる壁をいかに超えるかということ。

祖父、祖母、父がやったことがない加工品開発。

僕は、それをやろうと思った。

結果、ホウレン草ソース「や〜い!はよ食べんね!」を開発した。

分からないなら聞くという単純な作業でも胃が痛い

しかし、最初は何も分からない。

加工品をどこで作ればよいか?できた加工品がそもそも販売できるのかどうか。

分からなかった。

分からないときはグーグルで調べ、即電話の日々が続いた。保健所や加工施設に何回も足を運んだ。

次に商品ができたと同時に、どこで売るかという問題が出てきた。

これも分からない。

片っ端から電話をしまくった結果、久留米、吉野ヶ里の朝市、福岡市内のアンテナショップで試食販売ができた。(売れるか売れないかは別問題でとりあえずやった感が強い。)

他にも電話をかけまくり、こんな経験をした。

相手の開口一番は「ありがとうございます!○○でございます。」だったが。こちらの用件を伝えると二言目には怪訝そうな不安な声が聞こえてきた。怪しまれたようだ笑。

そして、ここにきて僕は気持ちの踊り場を迎えている。ふわふわした状態だ。疲れがたまったのかもしれない。

踊り場にいる僕とそこに安住しようとする僕との心の葛藤

この踊り場から抜け出すにはどうするか。不安とワクワクが交錯する自分がいる。

この気持ちの踊り場を抜け出した先に何が待っているのか。

興味は絶えない。

死ぬこと以外かすり傷

昨日書店で 箕輪厚介 氏の「死ぬこと以外かすり傷」という本を買った。

その冒頭、こんな文章に出会った。

「早くこっちにくるといい。こっち側で間違いない。」

心の涙が出た一言だった。


死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]


死ぬこと以外かすり傷

 

f:id:ng532ga216:20181213005110j:plain

 

 

リカちゃん人形とリーフレタス。外はやっぱり寒かった!

えっ!?

今日のブログは、リカちゃん人形がでてくるの?

とうとうイチロウは、ブログネタが尽きてきたのか…💦と思われそうなタイトルです。

リカちゃんが気になる方に…

がっちりマンデー!!”の「続きはCM2のあとで」や、「応募方法は番組後半で…」などと言いたい井手がお伝えします。

 

昨日の出来事、暦は2月14日。

いつものと違う作業風景

午前。

母と2人、通常は、畑のレタスをコンテナに収穫後、レタスを一旦作業場に持ち帰り、そこで箱詰め作業をしています。

しかし昨日は、リーフレタスの収穫から箱詰めまでを全て畑でしておりました。

理由は、畑で箱詰めした方が効率が良いのです。レタスを持ち帰る時間が短縮されます。今までは、外気温が低く寒くて風邪引きそうだったからできませんでした。

早速、作業開始。

これはつららか?

ビニールに水がたまり氷になってました💦

まるでガラスペンのようです。

f:id:ng532ga216:20190216115240j:plain

こんな感じでブルーシート広げてこじんまりとやってます。

f:id:ng532ga216:20190216115244j:plain

箱に15入れるのは至難の業です

これは農協出荷用です。

この箱に15玉入れます。

この箱詰めは慣れが必要です。

f:id:ng532ga216:20190216115248j:plain

パラパラ雨が降ってきた

しかし、意気揚々と始めたものの昼からの雨予報が午前中に。

箱詰め中にパラパラと雨が降ってきました💦

ヤバい、雨降ってきた〜〜!

早々に退散の準備です。

皮肉なもので片付けが終わると雨が止みます。

f:id:ng532ga216:20190203191502j:plain

妻お手製のてるてる坊主も、なんとか頑張ってくれたので、小雨で済んだのでしょう。そう思うことにします。

地元の味方「トライアル」とリカちゃん

お昼過ぎ、梱包したリーフレタスを選果場に持っていった帰り、地元スーパー(トライアル)に立ち寄りました。

スーパー入り口近くで、二度見にしたイチゴです。

思わず写メ取りました。

「リカも大好き さがほのか

佐賀県はすごいなぁ。

ロマンシング佐賀といい佐賀は一歩進んでいる気がしますwww。

f:id:ng532ga216:20190216115252j:plain

いやはや、知らないところで、こんなパケがあるとは。。。

勉強になりました。

農園オリジナルスタンプ完成!!!!

こんばんわ!いっちゃんファームの井手です。
 
以前から欲しい欲しいと思っていた、黒木町の消しゴムスタンプ作家の先生の消しゴムスタンプ。
急遽お願いして、農園のロゴスタンプを作ってもらいました!
やった!
嬉しい!!
元画像はこちらです。この画像からスタンプを作ってもらいました。

f:id:ng532ga216:20181213005110j:plain

上のロゴを元に作ってもらったのはこちらです↓

f:id:ng532ga216:20190207192905j:plain

すごく繊細です!
自分でいうのもあれですが、この写真のアングル結構好きですwww
 
そして、サービスで4色のインクをもらったので、早速、押してみました!

f:id:ng532ga216:20190207193234j:plain

 元画像と全く同じ!どうやって作るんだろう笑!

というか、消しゴムでここまで出来るなんてすごい!

 

私は、趣味で創作書道もやってるので、少しアレンジしました笑!

f:id:ng532ga216:20190207193222j:plain

f:id:ng532ga216:20190207193227j:plain

これからもこのスタンプがいろんな場に登場することでしょう!
 
ありがとうございました!
大切にします!
 

思いは伝わるんだな。若者応援隊とFM八女への感謝♪

こんにちは!

いっちゃんファームの井手です。

ここ数日でとても嬉しいことが立て続けに起きています。

奇跡の出逢いに感動・感謝

Facebookでお知り合いになった若者応援隊のT様が、遠路はるばる私に会いにきてくださったのです。

私がFacebookでいろんな情報をあげているのを見ていらっしゃいました。

下の写真は、ほうれん草とリーフレタスの圃場の前で撮っていただいたものです。

今見ると溢れんばかりのホウレン草ですよね♪

f:id:ng532ga216:20190206184727j:plain
実は…。

待ち合わせのコンビニで「はじめまして。よろしくお願いします。」だったんです。

そして、すぐ畑に移動し記念撮影。

正直こんな体験は初めてです笑

泥んこになった私の手で申し訳なかったですが、最後に固い握手を交わしてもらいました。

とても嬉しかったですね。

FM八女 黒木オフィスにも行けた!

そもそもFM八女って何!?

八女市の地域密着型のラジオ番組です。

FMで周波数 “80.1MHz”です!!是非皆さん聞いてみてください!

www.fmyame.jp

そして、さらに後日、若者応援隊T様は、私を黒木のFM八女オフィスに連れて行ってくださり、私のことを皆さんに紹介していただきました。

そして何より嬉しかったのが、私が作ったホウレン草をスタッフさんにお渡しすることができたことです。

最後に、FM八女でお馴染みのパーソナリティーの方、スタッフの皆さんと記念撮影させていただきました!!!

f:id:ng532ga216:20190206184737j:plain

この場を借りて、若者応援隊T様とFM八女様にお礼申し上げます。

いつか、FM八女に出していただけたらなぁ、なんて淡い期待をもっております笑。

FM八女のスタッフの皆さんよろしくお願いします笑!

「突然やって来た 坊主頭 野菜ソムリエ ほうれん草」とお見知り置きをお願いします笑。

 

こうやって応援していただく方がいらっしゃると、「よし!また頑張ろう」、「次はここを工夫してみよう」と更に自然とやる気がみなぎるようになります。

ひとりじゃない、誰かがきっとみてくれている。思いは伝わるんだな。

そんな気持ちにさせていただきました。

本当に本当に、ありがとうございます。

「 感 謝 」

苦しいけれど、苦しんだ分だけ未来は明るい。

こんにちは!

いっちゃんファームの井手です。

 吉野ヶ里夢ロマン軽トラ市へのお礼

本日は早朝より吉野ヶ里夢ロマン軽トラ市に出店してきました!!

雨の中、ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

また、軽トラ市事務局の皆様、出店者の皆様お世話になりました。

重ねて御礼申し上げます。

www.icchan-farm.com

吉野ヶ里朝市の前日・・・予報は雨だった💦

実は、私、ドキドキしながらこの日が来るのを待っていました。思い描く景色は、晴天でポカポカ陽気、そして、たくさんのお客様が来場されている光景です。

しかしながら、当日の予報は雨。

しかも90%の予報で雨だったのです。

前日、出店用のリーフレタス、ホウレン草を収穫しました。

このときまでは雲一つない快晴です。

f:id:ng532ga216:20190203162938j:plain

もしかすると、明日は雨が曇りになるかもしれない。90%だった確率が80%になったぞ、このまま下がってくれ。そんな気持ちです。

そして、出荷作業を終え、夜になりました。出店用の荷物を軽バンに積み込みます。積み込み作業中に何回も空を眺めてみます。奇麗な星空です。もしかすると明日は晴れかもしれない。これは90%の雨予報をひっくり返すかもしれないぞ、と気持ちが高揚します。たくさんの方がいらっしゃるので何があっても良いように試食用のフランスパン、魚肉ソーセージをたくさん切りました。そして、千切りキャベツもたくさん準備しました。

朝市の搬入時間は当日朝6:30〜7:30。初出店のため早め早めの行動、6:00に現地到着することにしました。吉野ヶ里公園の場所をメモに残し、アラームを4:30に設定。早めに寝よう、そう思いたち寝たのが22:00。

朝市当日は目覚ましより早く起きる

結局、目覚ましが鳴る前に起床(まるで子どもが遠足前に興奮して早めに起きるような感じです)。

辺りは真っ暗です。

妻はまだ寝ています。昨日は私の方が早く寝ました。朝起きてみると、朝ご飯用とお昼用にサンドイッチが準備されていました。昨晩は眠い中、作ってくれたんだなと嬉しくなりました。

ありがとう。

5:10出発。

予定では1時間。日曜の早朝ということで車もほとんど走っていません。

最短ルートで現地に到着。

6:00。

あたりはまだ真っ暗。しかし、もうすでに設営に入られている出店者様がおられました💦すごい><!

私はというと自分のブースをやっと見つけ、一息ついてブース作りスタートです。

f:id:ng532ga216:20190203165100j:plain

まだ真っ暗なので車のライトを頼りに設営に入りました。

こんな感じのブースです。

f:id:ng532ga216:20190203165407j:plain

お気づきの方がいらっしゃるかもしれません。

そうです。

いっちゃんファームの“のぼり”ができました。嫁が作ってくれました!!!

出店用のタープも取り急ぎ購入しました。

あとで見ると分かることなんですが、販促ポップばかりですね💦良かれと思ってたくさん作ってしまいました。

8:00販売開始

いよいよ販売開始。空は曇り空。

ブース前を通りかかったお客様に、温かいコーヒーと試食を出しました。「FBで見ました」とコーヒーと試食を受け取ってもらいました。それに続くように1人、2人とブースに集まってくれたのです。コーヒーの力は偉大だ!と学びました。そして何より嬉しかったんです。

しかし、いつ雨が降ってもおかしくない天候にかわりはない。

そして、開始と同時に小雨が降り始めてしまいます。お客様も傘をさしながらの来場。

時間が経つにつれどんどん天候が悪化します。11:00には土砂降り。

お客さんがいない…。そんな感じになってしまいました。

やはり、天気予報が雨だったのでお客様の足も遠のいたのか!?

初出店でしたが、いつもよりお客様の数も少なかったようです。

一際賑わうブースを発見!

しかし、悪天候の中、一際賑わっているブースがありました。5〜6人くらいの地元生産者グループです。

タマネギの詰め放題200円。

なぜ分かったのか。

数十m先からでも聞こえる大きな声で、「売らないと帰れませーん!!!買ってくださーい!お、ね、が、い、しまーす!!!」、「ありがとうございまーす!」、「先ほど、お見かけした顔ですね。いかがですか〜?はい、ありがとうございまーす!!」「もうなくなりますよ〜〜急いでくださ〜い」と笑い声とともにこちらのブースに聞こえてきました。

見ると10人近い人集り。

こういうことか!と頭では分かりました。

あと一歩が出なかった

しかし、私の行動が伴わなかったのです。この悪天候でも大きい声出して同じようにお客さんと接していたら、結果は全然違ったと思います。でも正直できなかったのです。私自身、その一歩手前で踏みとどまってしまいました。

お客様に声をかけるけれど、かけ方が思うようにいかない。正直、この壁を超えられたら今以上に売れると思っています。
なぜ面白おかしくお客様と話せないのか、それはやはり、自分にブレーキをかけているから。プライドがあるから。恥ずかしいから。そんな気がします。

以前のブログに書いたかもしれません。もし、商材がシフォンケーキだったら、商材が焼きソバだったら、そう思ったことが何回もあります。もう少し売れるかも。そんな甘い思いがありました。

でも今は少し違います。

私の売り方がしっかり安定しないと商材がどんなものでも売れないと言うことです。たしかに、店舗を構え商品並べただけで勝手に売れるなら、みんな億万長者です。

目標や夢を“あきらめる”瞬間

この気持ち、体験は、何用にも代え難いものです。人が目標や夢を“あきらめる”瞬間はこの気持ちが積み重なったときに起こるのだと思います。

自分の意思で目標や夢を“あきらめる”のではない。

“自分”を無意識のうちに、“どうでも良くなり”、“楽な方へ”向かわせるのです。そして、気づいたときには目標を見失い、結果、夢を諦めてしまうことになった。知らないうちに、自分を楽な方に誘導するのです。

それでは、自分なりの売り方とは何か?正直見つかっていません。見つかっていないので気持ちが苦しいのは事実です。

モノを売ることの大変さを出店を通じて知ることになりました。

何もかも初めての経験なんで許してください、とはいつまでも言えません。それを売りにもできません。自分の目標、夢、志をもう一度再確認し、再起します。これは失敗ではありません。挑戦です。成功のための挑戦です。

なぜ、こんなことを事細かに書くのか?不思議に思う方もおられるかもしれません。

それは私の夢の一つに繋がっています。

農家は「稼げない」、「かっこわるい」、「汚い」とよく言われます。中でも「稼げない」ことは死活問題です。

もちろん、億単位で稼いでいる農業法人、個人農家も大勢おられます。

最近は、ITやAIのおかげで農業は面白く魅力的な産業だと言われ始めました。しかし、私のように稼げていない農家も大勢いるのも事実です。農業は時に、地域ごとの集団で語られます。例えば、○○グループで年商○○億円、取引高○○億円。しかし、そのグループ内の個人農家に目を当ててみると実は稼げていない農家がいます。グループ全体で見るとプラスだが、個人単位で見るとマイナスなんてことがあるのです。

その農家の1人が私なのです。この状況をどう打破しようか、稼げるようになるにはどうしたら良いか、いろいろ考えました。そこで離農ではなく農家として加工品を売ることにしたわけです。

将来、私のような立場に陥る若手農家が必ずいるだろう。その若手農家が苦しんだとき、私と同じ気持ちになったとき、このブログを読んでほしい。私も同じ気持ちだったと。少なくとも私は農家として加工品を売り、「ちゃんと生計が立てられているよ」、「夫婦仲睦まじく幸せに生活しているよ」と伝えたいのです。

それが私の一つの夢なのです。

なに、かっこつけているんだ!こんなことをブログで書くことはない!と笑われるかもしれません。

しかし、本気でそう思っています。

挑戦し続け、夢を諦めないこと。

農家に限らず、誰しもが夢を持ち、知らず知らずのうちに夢を忘れている。

苦しいけれど、苦しんだ分だけ未来は明るい。

そう思うんです。

これが私の素直な気持ちです。

 

朝市から帰ると、妻が“てるてる坊主”を吊るしていました。

f:id:ng532ga216:20190203191502j:plain

最後までこんな乱文を読んでいただきありがとうございました。  

 

TEDxFukuoka 2019 キックオフイベントに参加した2時間後には…!

こんばんわ!いっちゃんファームの井手です。

去る1月26日。

以前から興味があった、TEDxFukuokaのキックオフイベントに参加してきました。

そもそもTEDって何?

TED(テド、Technology Entertainment Design)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市に本部があるLLCカナダバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチモントレー)で、毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体である。

カンファレンスは、1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。1984年からと、ハイテク系の話題の多いタイプのカンファレンスとしては比較的古くからある一つであり、変遷もあるが、基本的には学術エンターテインメントデザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なうというスタイルである。出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

いまいちピンと来ない方はこちらの動画をどうぞ!

当時、中学1年生の宇野裕美香さんのスピーチです。


菜の花で東北を元気に! | 宇野 裕美香 | TEDxFukuoka

 

杉本真樹 先生のスピーチもあります。


ホログラフィーと複合現実が変える医療の未来 | Maki Sugimoto | TEDxFukuoka

参加した感想

参加して気づいたことなのですが、まずスタッフ、参加者のモチベーションがとても高いのです。

国籍問わず多くの方が参加されていました。英語圏の方もいらっしゃるので説明の半分は英語になります。英語が話せたらとつくづく思いました。

f:id:ng532ga216:20190129190758j:plain

実は、当日キックオフイベントに、上記動画の二名の方の他にも複数のTEDスピーカーの方が参加されていました。

 

f:id:ng532ga216:20190129190744j:plain

キックオフイベントの、あの空気感は行った人にしか分かりません。その人が持っているオーラ、意欲などすべてが大きすぎて自分が持っているものは、ものすごく小さく見えるんです。この感覚は勉強になりました。

f:id:ng532ga216:20190129190749j:plain

案の定、当日、私はドキドキしながら会場に入りました。知り合いもおらずたった1人で行ったイベント。しかし、ここで得るものは大きかったです。

いつの日かTEDでスピーチできるように、大きく行動を起こしたいと思います。

f:id:ng532ga216:20190129190753j:plain

イベント終了2時間後には畑にいる

実は、このイベント11:30〜14:00までだったんです。翌日は、くるめ日曜市の出店を控えています。観光もせず、電車に飛び乗りとんぼ返り。

雪と雨と風が吹く中、16:30には畑におりました。レタスとホウレン草を収穫し袋詰めしました。

忙しいのやら段取り悪いのやら…。

しかし、これくらい予定を入れ込んだ方が良いのかもしれませんね。

f:id:ng532ga216:20190129190809j:plain

(※TEDxFukuoka 2019 キックオフイベントの写真はTEDxFukuoka FBページより引用しております。)

催事から始めよう!福岡県よろず支援拠点

本日、お昼から吉塚駅近にある福岡県中小企業振興センター 福岡県よろず支援拠点のセミナーに参加してきました。

題して、

催事から始めよう!

〜出店のチャンスは催事にあり!!

百貨店出店の登竜門〜

コーディネーター

森 武志 先生


f:id:ng532ga216:20190123164649j:image


f:id:ng532ga216:20190123170728j:image

f:id:ng532ga216:20190123170329j:image


f:id:ng532ga216:20190123164715j:image

さっそく内容ですが、一言で濃い内容でした💦

バイヤーさんへの連絡の取り方、プレゼン資料の種類など、かなり実践的なものばかり。

元バイヤーの視点で売り場の見せ方など、とても勉強になりました。

それと同時に、私が、百貨店に出店するにはまだまだ実績がないこと、商品改善が必要なこと。改めて思い知らされました💦(←当然のことですが)

いずれにせよ、早め早めの準備、情報入手という意味ではよかったです。

私を含め6名が参加されていましたが、男は私のみ(笑)他の方の話しを聞いているとみんなすごい人ばっかり💦

私の場合は、まずマルシェや朝市などで場数を踏み、多くの改善点を商品に生かし、売れる商品に育て上げることです。

Do→Check→Doの心意気で進んで行く予定です。

また、よろず支援拠点では他に魅力的な講座がたくさんあるようです。

全部聞きたいけど、それは、なかなか物理的、時間的にも難しいです💦

 

今日は、森先生ありがとうございました。