いっちゃんファームとROC IA SAGAの仲間達

私たちは、「農業における意識の革命」の理念のもと、まずは農家が一歩踏み出し、農業界のすばらしさを伝えています。フードロス課題のテーマのもと商品開発を行っています。

自分が心底、感動し、号泣できる仕事したらいいんだ、と理解した。

こんにちは。

ROC IA SAGAの井手です。

共同研究協定締結の記事

先日、佐賀大学様との共同研究契約締結の記事をアップさせていただきました。

まだご覧でない方はこちらに過去記事を貼っております。

www.icchan-farm.com

この締結に至るまでのプロセスは、正直自分自身との戦いでした。

自分の中にある見えざる敵=竜(恐怖・怯え・緊張)との戦いです。“見えざる敵”は、そもそも存在していないのです。自分自身が勝手に作り上げたものにすぎません。

それを理解したとき、ありがたいことに最近その“敵”が少しですがなくなってきました。

この記事では、私がROC IA SAGAを立ち上げた経緯と、事業への想いを中心に書きます。

『9ステッパー&ファイヤーウォーカーになるということ』

最近、私はいろいろな人から「貴方は地に足がついていない」「だいじょうぶなの?」と言われます。
「地に足がつく」「大丈夫」とは一体どういう意味でしょうか。
幼少期からの体験からくる農業に対する負のイメージ
 
私は、三世代続く葡萄農家のせがれ。幼少期から今まで家族で外食に行こうなんてほとんどなかったし、家族は土日関係なく元旦から農作業していた。大学生にもなり、友人とファミレスや居酒屋に行き始めると、初めての経験ばかりでおっかなびっくりしていた記憶がある。ちなみにガラケーを持ったのは大学に入って半年後。その間、一人暮らしをしていた私が、親と連絡する手段は公衆電話だった。私の農業に対するイメージはマイナスでしかなかった。
家族が減っていく恐怖

そんな中、父と祖母が昨年他界し、そして、家族も減った。こうなったのも全て私の家が農家だから。そう決めつけた。そして、私は、抑うつ状態一歩手前までいった。一人になると孤独感が増し、農作業が恐ろしくなった。

メンターの存在とジェームスキナーとの出逢い
そこで私を助けてくれたのは、ある一人のメンターだった。そして、その人から、ジェームス スキナー (James Skinner) という人物の存在を教えてもらった。
ふらっと古本屋に入り、おもむろに見上げたその先に、一冊の本が目に止まった。ジェームスが書いた「 成功の9ステップ」。早速、この本を買い、家で読み始めると、その手が止まった。私が求めていることが全部書いてある、そう思って手が止まった。自分が変わってしまう恐怖である。 なんとか読み進め、書いてある通りに実行していった。私の心の持ち用が全て180度変わった。
そして、メンターのサポートを受け、ミッションステートメントを書き上げ、人生の目的を決めた。
「農業における意識の革命を通じて世界中の人々に生きる勇気を与える」。
理由は、私が、生きる勇気を得ることができたからだ。
「ありがとう」を伝えにいくはずがその逆に「ありがとう」と言われる
そして、ジェームスに「ありがとう」を伝えるべく、11月彼のライブセミナーFINALに参加した。その期間、自分のミッションをさらにブラッシュアップさせることができた。そして、9ステッパーとなりファイヤーウォーカーとなった。9ステッパーのたくさんの仲間達もできたし、よい刺激を受けたし、そしてなにより、こんな僕を「認めてくれた」。本当にありがたいし感動した。「ありがとう」を伝えに行ったのにジェームス、そして300人の同士からそれ以上のものをもらってしまった。泣いて、心底感動した。

ROC IA SAGAを立ち上げた理由』

だからこそ言えることがあります。

仮に誰かから『貴方の行動は「地に足がついていない」から止めなさい』と言われたとします。それは、「私に死ね。」と言っていることと同じことです。私はまだ生きたいし、死にたくないので今の行動を続けます。万が一、気に食わなければ、私からの情報を遮断する方法はたくさんあります。私はそんなスタンスで生きることにしました。
農業における意識の革命=Revolution of Consciousness in Agriculture(ROC IA)
農家の私が、自分自身の意志、たくさんの人達の協力で、マイナスの考え方をプラスに変え、喜怒哀楽で変化する感情をすべて受け入れることができ、人に愛を与えることで、私は精一杯の人生を生きていけると思ったのです。そして、その生きる術の根幹が農業となりました。
おこがましいことですが、私のように“ふさぎこんで”しまった人に生きる勇気を与えられるのなら、仮にそれが一人だったとしても、私がこの世に“生”を受けた意味があったのだなと、最期の病床で私は思うことでしょう。
そんな人間が代表として経営しているのが、 ROC IA SAGAです。来年、法人化し、商品開発部門とは別に、来期は新たな事業部門を立ち上げます。私は、一般的に出来もしないようなことを「◯◯します」と言い続けています。法人化したら経営理念の心得の中に「社員が心底、感動し、号泣できる仕事をする」と付け加えることにします。
言い続けるからこそ、夢は叶う。
2020年、書籍出版
2025年、株式上場予定。

f:id:ng532ga216:20191105230743p:plain

f:id:ng532ga216:20191106113929j:plain

f:id:ng532ga216:20191106092802j:plain