いっちゃんファーム-ICCHAN FARM-

福岡県八女市黒木町で安心安全な野菜と加工品作りを行っています。

今が本当の旬のブドウ “巨峰”がパック詰めされるまで♪

こんばんわ!

いっちゃんファームの井手です。

今日は、ブドウの収穫〜選果〜パック詰め(箱詰め作業)までを書いてみたいと思います!

収穫前日、当日に収穫するブドウに目印を入れます!

f:id:ng532ga216:20190813213308j:plain

こんな感じで袋を破って、色づきを確認します。

夕方以降になると暗くなってしまい、色づきが分からなくなるからです。

遅くても15時頃には畑に行ってこの作業をします。

黄色い付箋みたいなものをホッチキスで留めていきます。

f:id:ng532ga216:20190813213258j:plain

早朝5時に畑に行って収穫します。

コンテナにブドウを入れて帰宅。

作業小屋でブドウの選果開始します!!!

f:id:ng532ga216:20190813213605j:plain

一つ一つ袋を破いてブドウを出します。

このとき腐れだったり裂果したものはハサミで取り外します。

f:id:ng532ga216:20190813213321j:plain

パック詰め作業の開始です。

ブドウをある程度袋から出したら、次はパック詰め作業になります。

電子秤を準備します↓f:id:ng532ga216:20190813213334j:plain

こちらはパック用のフィルムです↓

f:id:ng532ga216:20190813213348j:plain

こちらはパックです↓

f:id:ng532ga216:20190813213359j:plain

ブドウを持ち上げて、くるっとブドウの“顔”を探します。

“顔”って何?と思われるかもしれませんが、一番見た目が良い部分です。これをパックの表に見えるようにするんです。少しでも奇麗な方を表にすると言った感じですね。

f:id:ng532ga216:20190813213409j:plain

次にパックに入れていきます。農協の部会の規定では1パック皆がけで364g以上という決まりがあります。一房で364g以上ある場合は、一房パックとして詰めます。

仮に、364以下の場合は、“合わせ”といって2房以上で詰めていきます。

例えばこちら↓

このとき、ブドウの“顔”を下向きにして入れます。あとでパックをひっくり返すからです。

f:id:ng532ga216:20190813213459j:plain

269gしかありません。

どうしよう。364gないじゃん…💦となったら、364g以上になるように別のブドウを合わせて詰めていきます。

f:id:ng532ga216:20190813213511j:plain

f:id:ng532ga216:20190813213522j:plain

ここで大切なポイント!!!!

パックをかぶせてひっくり返します。

つまり、ブドウの“顔”をパックの下に向かって詰めていたのですが、写真のようにパックをかぶせてひっくり返すことで“顔”が表に出てくるんです。

f:id:ng532ga216:20190813213424j:plain

こんな感じです↓

f:id:ng532ga216:20190813213436j:plain

そして、フィルムを貼ります。

 

f:id:ng532ga216:20190813213449j:plain

一応、最後に秤で最終確認。

今回はギリギリOKですwww。

f:id:ng532ga216:20190813213545j:plain

最後に色味と粒の大きさを合わせながら箱詰めしていきます。

f:id:ng532ga216:20190813213556j:plain

この状態までして、農協選果場へ持っていきます。

ここまでが農家の仕事となります。

その後、選果場で等級検査が行われ、選果場から大型トラックで各市場へ運ばれセリにかけられスーパーに卸されます。